おかしな授業参観

お盆の墓参りの帰りに、家内の実家へうかがった時のことだ。みんなから「おばあちゃん」と呼ばれている家内の母が、突然「授業参観に行きたい」と言い出した。私の娘は東京で大学教員をしており、要は孫の講義姿を見たいという意味だった。卒寿を過ぎて、最近では気弱な言葉を聞くようになったが、先に旅立った義父への土産話に加えたいと本気で言っている。私も家内も、前々から娘の仕事ぶりには興味津々。これ幸いと便乗し、おばあちゃんのエスコートを申し出た。
そうはいったものの、はたして部外者が大学の講義を見学などできるのか。しかしとうの本人は「いいよ」と一言。娘いわく、勤務先は駅から遠く足の悪いおばあちゃんには無理だが、非常勤先の大学ならば交通の便もよく、また大教室なのでこっそりとモグり込むことも可能とのこと。こうして計画は一気にまとまり、三人で東京へ行くことになった。
当日は穏やかな秋晴れ。日差しに映えた中庭を通ると、蔦の絡まる古い洋館のような校舎が目に飛び込んできて、ここは本当に都心なのかと目を疑う。そんな美しいキャンパスで、民法の講義を受けた。
そわそわしながら一番後ろの席に座り、始業を待つ。すると、いくつになってもつい「ちゃん」づけしてしまう娘が、堂々と先生の顔をして入ってくるではないか。講義は身近な話題を交えたわかり易い内容で、素人目にも興味深いものだった。さらに、講義終了と同時にチャイムが鳴り、そのタイミングの正確さにも驚かされた。やはりプロなんだなと納得すると同時に、一人の父親として誇らしくも思ったが、内心はほっとしたといった方がいい。
三十歳を過ぎてもおさな顔の娘だが、都内の大学に進学し、十年以上の長い仕送り期間の末にようやく自活できるようになった。職が決まった時は肩の荷が下り、家内と「よかったね」と顔を見合わせたものだ。しかしそれでも、本当にやっていけるのかという親の不安は尽きなかった。今回、れっきとした先生としての娘を見て、そうした懸念は取越し苦労だった。
さて講義後、学生食堂で一緒に食事をした時のことだ。娘が「お父さん、ちゃんと講義を聞いていなかったでしょう」と口を尖らせてプイと怒っている。私は真剣に受講していたつもりだったのだが、じつは持参した本を開いたり、トイレに行くために席を立ったりしており、そうした様子をバッチリと見られていたのだ。ということは逆に、教室全体に気を配りながら余裕をもって講義をし、学生をよく把握しているということでもある。私の席の周囲でも、居眠りをしたりスマホを触る学生が何人かいたが、その姿もちゃんと見えていたのだろう。あたふたと言い訳をしながら、妙に感心してしまった。
おばあちゃんは娘の横で、にこにこ笑って親子の会話をただ聞いているだけだったが、孫の講義聴講ツアーには満足したようだ。
帰りの新幹線の中で、「娘も大きくなってしまったなぁ」と家内と話をしながら、お互いに思わず吹き出してしまった。約30年前に行った、小学校の授業参観の時と同じ感想だったからだ。いくつになっても私の頭の中は変わらないようだが、迷惑をかけない程度に、娘たちとも楽しく仲良く生きていきたいものだ。

16.10.28d